ムダ毛の処理について/ミュゼプラチナムのお勧め脱毛体験

ムダ毛の処理方法について

多くの女性にとって、ムダ毛は大敵とも言えます。
また、どのような処理方法が自分にあっているのかも、悩みの一つとなっています。
ムダ毛の処理方法は、大きく分けて3つに分けられると思います。

 

[自分での処理]
・カミソリなどで剃る
・毛抜きを使って抜く
・脱毛用クリームやムース、ワックスなどを使用する

自己で処理する方法は、家庭で気軽に行うことができ、費用も安く済む
というメリットがあります。
しかし、間違った方法で処理をしまうことで、皮膚が傷ついたり
炎症を起こしたりするというトラブルも少なくありません。

 

[エステティックサロンでの脱毛]
・電気脱毛(ニードル脱毛)
細い針を毛穴の一つ一つに差し込み、差し込んだ針に弱い電気や
高周波を流すことで毛根部を破壊し、毛の再生を妨害するという方法
・IPL脱毛
インテンス・パルス・ライト(IPL)という特殊な光を発する
レーザー機を使って行う脱毛方法ですが、
医療用レーザー機に比べると痛みがほとんどないと言われています。
・フラッシュ脱毛
「IPL脱毛」と同じ光脱毛法
・プラズマ脱毛
「IPL脱毛」と同じ光脱毛法
・ワックス脱毛
脱毛専用のワックスを利用し、毛根から一気に抜き取る一時的な脱毛法

 

その他にも、
ミュゼプラチナムで行っている
・S.S.C.式(スムーススキンコントロール式)
光脱毛法の一種、などがあります。

 

エステティックサロンでは、医療行為に近い脱毛行為は
「医師法違反」に当たるので、レーザー脱毛でも医療行為に当たらないように、
光の出力を絞って施術を行う脱毛法になります。

 

[医療機関での脱毛]
・電気脱毛(絶縁針脱毛)
絶縁針という細い針を毛穴の一つ一つに差し込み、差し込んだ針に
弱い電気や高周波を流すことで毛根部を破壊し、毛の再生を妨害するという方法
・医療レーザー脱毛
医療用のレーザーを使用し、黒い色素(メラニン)のみに集中する、
特殊なレーザー光線を皮膚にダメージを与えずに、
ムダ毛の毛根部に当てることにより、
毛根と毛包を焼灼し毛の再生を困難にし脱毛させる方法

 

医療機関で行う脱毛は、厚生省から認可を受けている医療用機器を使い、
医師が直接または医師の監視の下で治療が行われ、
エステティックサロンで行われるレーザー脱毛とは区別され、
「医療レーザー脱毛」と呼ばれています。
また、多毛症と診断された場合などは健康保険が適用されますが、
適用外の方は費用が高額になる場合もありますので注意が必要です。

脱毛コース